就業規則作成

常時10人以上の労働者を使用している場合、就業規則を作成しなければならない法律上の義務があります。
 (作成した就業規則を労働基準監督署へ届出なければなりません。)
10人以上の労働者を使用しているにも関わらず、就業規則を作成しなかった場合は30万円以下の罰金ということになっています。

また、就業規則を作成していない場合、労働条件が不明確になり易く、労働者との間でトラブルになる可能性が高くなります。最悪の場合、訴訟も覚悟しておかなければなりません。

あらかじめ、会社の実情にあわせた就業規則を作成しておくことで、労働トラブルを予防することができるだけでなく、万が一トラブルが起きたとしても、できるだけ会社に有利な条件で解決できるようになります。

つまり、適切な就業規則は会社を守る”盾”になります。

あるいは問題社員を採用してしまった場合などには、問題社員を追放する”武器”にもなります。

会社の実情にあわせた就業規則を作成しておくメリットは大きいですので、
まだ就業規則を作成していない場合は、お気軽にご相談ください。
 ※雛型等をそのまま使用している場合もかなりのリスクがありますのでまずはご相談ください。

下記のような場合には当事務所へご相談ください。

  • 書類作成や手続きに自信が無い。
  • 書類は作成できるが、平日に役所へ行く時間を確保することが難しい。
  • すぐに専門家に相談できる態勢を整えておきたい。
  • 役所では教えてくれないアドバイスが欲しい。


社会保険労務士法人シェルパへのご相談

社会保険労務士法人シェルパへの相談申込

就業規則作成や助成金申請など幅広くご相談を承っております。
お気軽にご相談ください。



社会保険労務士法人シェルパの業務対応地域

  • 恵庭を中心として、主に札幌近郊の地域でのご依頼を多数頂いています。出張をご希望のお客様にも対応させて頂いておりますのでご相談ください。
  • 北海道 札幌市 石狩市 北広島市 江別市 小樽市 岩見沢市 苫小牧市 北見市 旭川市 帯広市 釧路市 函館市
サブコンテンツ

このページの先頭へ